関東麿の休憩所

関東麿の休憩所

都内在住。京都サンガのアウェイ遠征を中心に色々

京都サンガ公式フェイスブックページから見る関心度合いの推移

山形戦は引き分け。

まぁ形上は勝ち点1ですが、相変わらず何の上積みも見られないというか

その辺の話はもう出尽くしているので、もうノータッチで…泣

それよりも自分はやっぱりサポたちのクラブへの関心度合の低下が気になっていて、現場でいうと観客動員数などに表れているんだと思う。で、もうすぐ現状説明会(笑)というのが実施されるみたいなので、自分でも勝手にサンガの現状説明会をブログ上で開催しようと思うwwwwwほれ、現状だぞーんwwww

クラブとサポの接点の1つである、SNS。今回はfacebookページに焦点をあてました。数字すぐ取ってこれるのと、それなりに動きがありそうだったので。サンガ公式は試合終了後に結果をfacebookにアップしてくれる。これを1試合ごとに

1試合ごとのリアクション数 ÷ ページに対していいね!している人の数(総数)

を反応率として、第1節から時系列で追って行った。

ただし、ページに対していいね!している人の数は9月11日時点のものなので、この辺は多少参考値になる。下図がその推移をグラフで表したものである。

f:id:kanto_maro:20170912174820j:plain

青い折れ線が反応率、赤い棒グラフは取得勝ち点である。

当たり前であるが勝ち点3を得た時は反応率が上がる。反対に負けていると下がる傾向がある。直近数試合は勝っていないこともあり、開幕当初のように関心度合いは低下。しかも開幕当初の勝ててない時期よりもさらに反応率は低く、直近6試合は4%にも満たない…というのが現状である。まぁ勝ってないしね…次いつ勝つか分からんけど、勝った時の反応率が6%ぐらいしかいきませんでしたーっていうのがサンガサポの関心度合いっていうのを一番表してくれると思う。勝っても反応ないのが末期やろし。

もうちょっとちゃんと分析すれば、推移を追うごとのコメントのポジネガ構成とか出したら面白そうー。残念ながら今はそこまでのモチベーションにはないけど。直近とか

「辞め」

「いいかげん」

「聞き飽きた」

が頻出ワードっぽいけどねwww

とりあえず自分の結論としては、

次節勝った時に反応率どれぐらいになるかは見てもらった方がいいと思いますよ、フロントの皆様!

振り返れば17位~顧客満足度0%

しばらく更新してませんでした。

7月末の町田戦では、今季初の連勝を飾り、さぁ!巻き返そう!となった8月から現在までなんと1勝も出来ず。得点数もこの間6試合で4得点とさっぱり。失点はたっぷり。

お盆休みに見た福岡戦では、ウェリントンに沈められ、

その後アウェイ水戸戦では、最後9人でサッカーしてるやん状態…

という現地参戦も散々な内容。

てか9月2日までの結果は本当にシーズン開幕当初並みの推移でどいひー。

何とか良い部分を見つけていこう、と試みるも

--------------------------------

⇒前半頑張って善戦する

⇒⇒後半対策され始めて後手にまわる

⇒⇒⇒大黒様を入れる以外の対策がまともに打てず終了

--------------------------------

という最近のサンガではすっかりテンプレとなった展開を何試合も見せられ個人的にも意気消沈。顧客満足度は0%。テンプレ展開でも勝ち点3が拾えれば最低でもスポンサーは満足やろけど、結果もついてきてないので、まさに三方良くない、誰も幸せにならない。選手が個々人で必死にやっていることしか良い部分がなく、この必死さは他のクラブでも当たり前に存在すること。サンガ固有の長所というわけではない。

そんな私のテンションを妻も見ておりその結果、我が家庭内の京都サンガの優先順位にも大きく影響を与えてます。

◆9月9日のアウェイ山形遠征の中止

◆10月以降の遠征計画白紙

基本的にサッカー観戦にさほど興味のない妻との生活なので、この辺の活動には妻の理解が必須と言えますが、やはり今のサンガの状態は妻にとっては

「時間とお金の投資対象として不適合」

との判断となっているようです。そりゃそうですよね、週末ごとにリフレッシュどころか、イライラして終わるようなコンテンツに往復5時間ちょっと、金額にして2万円前後を投資するなら、そのお金と時間でディズニーランドなり行く方がどう見ても建設的で妻、子供ともにハッピーだぜ!と考える方がまっとうと言えます。

応援する立場としては、何とか立ち直って欲しいところですが…現実問題として今年の昇格は非常に厳しいと言わざるを得ません。クラブが目指すと言っている目標は、多くのサンガサポにとっては絵に描いた餅以下の存在でしかなく、無茶な営業ノルマを課せられた元気のない会社のような状態。SNS上で勝った負けたのリアクションも週を追うごとに淡々としたものが増えていく…いやまじでヤバいでしょこれ。てかこの流れ、2015年よりも酷いように感じる…

というわけで、嫌なら見るな・関わるな、という話になるのですが今のサンガがどういった対応をし、どういった姿になっていくのかもとても関心があるので、引き続き見守っていこうと思います。

ほら、また今日も勝てなかった!

という言葉は耐えしのげますが、

何がしたいのか分からないチームに時間とお金は投資できないねー

という言葉には反論の余地がないだけにつらいですわ、サンガさん。

せっかく集客企画とか色々やってんのに、肝心のサッカーがこれじゃ

新規獲得はおろか既存の顧客もいい加減見切りまっせ。もう見切ってる人多数でしょうが。

f:id:kanto_maro:20170905144033j:plain

雨の中の大黒祭りでした。(vs町田ゼルビア)

さて、近場アウェイってことで町田へ行ってきました。

今日は予報では小雨程度ってことで、でもサンガ初心者の知り合いも来るから一応天気には気を付けて動いていました。まずは小田急線の鶴川駅へ向かいます。

あれ?すでに新宿地点で雲行きが怪しい。まぁ予報は小雨やし…

 

f:id:kanto_maro:20170729234826j:plain

鶴川駅に着くと同時にポツポツと雨が。まぁここまでは予定通り。雨の様子を見るべく駅前のスタバへ避難。店内はすでに多数の町田ゼルビアサポ。そこに2人のサンガサポが乗り込む。ま、すぐに止むはず。。

しかし…雨の勢いは小雨どころか豪雨レベル。豪雨レーダーは文句なしの真っ赤っか。しかしヤフーの天気予報は降水量1mm予報wwww嘘つけ!これ10mmレベルっすわwww結局17時30分まで粘りましたが、止みそうにないので雨の中突撃。

Twitterから現地でも雨に苦しんでいる声が届き、試合開始までそこを動かない方がよいという助言も出始め、シャトルバス乗り場には傘も持たずにバスを待つ知人もおり…

あぁ…なんで今だけ雨なんだ…

という中で今日は観戦。雨ホンマにきつかったんでスマホも出せず、写真も新宿の曇り空しか撮れずwwwww

前半はほとんど町田ゼルビアの時間。サンガはまともにセカンドボールが拾えずボールを前に蹴っては町田に拾われ攻撃を受ける…という展開が続く。前半最後でセットプレーのもつれからPKを奪うも闘莉王見事に失敗。こぼれ球を押し込むもPKのワンプレーで前半終了というまさかの流れ。これいいのか?選手全然抗議してなかったけど。。

町田ゼルビアはとにかくシンプルにサイドの裏を突く感じ。縦に早くサンガもボールをいいところで奪えない前半やったけど、後半は上手く基点を作って徐々にチャンスを増やせていた。で、結果は見ての通りの大黒祭り。1点目は看板邪魔で見えへんかったけど雨の試合あるあるなゴール。2点目は岩崎のビュティホークロスから大黒さまのビュティホーシュート。試合もきっちり最後まで無失点で締めて今季初の連勝★いやー雨の中来てよかった!!写真いっぱい撮れて負けるよりよっぽどいいっす!!!ゴール裏の雰囲気も最高でした!

前半の相手セットプレーの連続を耐えしのいだと考えるか、相手の決定力に助けられたと考えるか。まぁ両方か。攻撃は大黒の技術の高さが如実に表れた。得点以外でもボールを前に運ばせるプレーがいくつもあり、正直ボロクソ言ってすいませんでした状態。選手コメント見ると凄い自信になった結果みたいやしこれでチームに勢いついたらええなぁ。高橋が有給やけど、ここからはそれとの闘いでもあるしな。

www.sanga-fc.jp

ゲーフラも雨の中耐えしのいで、ちょっと色移りしたぐらいで何とか次節以降も使えそうかな…次は2週間後のアウェイ水戸か。雨降るなよ。その前にこの連勝止めるなよ。

f:id:kanto_maro:20170730000624j:plain

 

 

ゲーフラを作ろう vol.5

前回作成したゲーフラから梅雨の時期を経て分かったことをまとめます。参考になれば幸いでございます。

裁縫or布テープどっちかいいか⇒布テープもOK、ただ水属性に弱い

ゲーフラ四方のほつれ止めや、棒を通す袋部分の作る工程では一般的には裁縫することになると思います。が、裁縫するのが億劫でゲーフラ着手に辿り着かない自分のような人間には布テープを使うのが最適解でございます。

ゲーフラを作ろうvol.4で

布テープの素晴らしさを書いてから数日後に日数が経過した時に耐久性が劣化しないのか?という質問を個別に受けたました。これについては前回作成時から1か月以上、クローゼットの奥の方に閉まっておきましたが、テープの接着部分に明らかな劣化は見られませんでした。棒つっこんでブンブンしてもおっけーでございました。

ただやっぱり水には弱いです。ちょっと試してみたのですが湿布したままお風呂に入った時みたいにヌルヌルになります。なので雨の日はもちろん、汚れた時に水洗いすら出来ません。汚れへの対処が困難という欠点がありますが、自分のように年間の現地観戦回数が10回前後の場合は問題なさそうかなと。この辺は自分の観戦ライフに合わせて下さればよいと思われます。

セラムコート塗装部分がパリパリするか⇒しない。セラムコートまじおススメ

これはさすがのプロ仕様ということで布を折って保管しても折り目の部分がほぼパリパリすることなく塗装が維持されていました。まさに布と一体化です…色が定着してから重ね塗りも問題なし。色が乾けばその上にマスキングテープを使ってもはがれることはなかったです。これすげー。

マスキングテープは結局何でもいいのか⇒費用対効果で3Mか

前作った時は最終的には100均のを使いましたが、その後もう少し加工した際には3Mのマスキングテープを使いました。テープの扱いやすさと値段当たりの量を考えるとAmazonあたりで20mmのをパック購入(6個ぐらい)がええんかなと思いました。というのも100均のだと結局1個だけでは足りずに3個~4個ぐらいは使います。自分のデザインでこれなんで、もっとグラフィカルなものだと多分10個ぐらい使う人は使うんじゃ…やってみて思ったのはマスキングテープは思ってる以上に使うということ。慣れないうちはなおさら。ってことで作業中にマスキングテープが足りなくなるのはかなり萎えますので、モチベーションを維持するためにもこれぐらいの予防線を張っておくことをお勧めします。

2,3本の細い線は遠くから見たらインパクト不足

ゲーフラが写っていた写真を某所で見かけたのですが思いの外しょぼかったです。笑

これからのナイトゲームシーズンに備えてもう少しだけでも色の面積を増やしました。

白地なので、サンガアウェイユニっぽいデザインは崩さずに…というわけで最終的はこんなデザインに。

f:id:kanto_maro:20170724215904j:plain

 

 簡単なデザインだと使ってみてそこからチューニングも出来るので◎

紫の襷の線を太くして、赤の襷を上に追加。んん?なんかバランス微妙やぞ…赤線が平行じゃなかったり、紫の襷部分のインク漏れだったりこの辺はもっと精緻にやらんと。。まぁとりあえずは完成したんでいったんこれで完結で。笑

仕切り直しのスタートラインには立ったぞ (vs名古屋グランパス)

よし、こっから連勝すれば。

よし、ここを乗り切れば。

よし、ここでズルズル負けなければ。

というターニングポイントでことごとく継続しない今年のサンガ。

今日の勝利は次につながるかな…というほんの少しの光を感じましたわ。理由は大きく次の2点。

守備が連動してたっぽい

それでも他と比べたら見劣りするものもあるけど、今日に関しては連動していたと思う。前節の徳島戦から頑張って前に行き出すようになってるし、だれがボールホルダーにアプローチするのかってところが選手間でクリアになったんかなって印象。失点シーンは下畠君がつり出されてその裏側を上手く使われてたけど、あーゆーところを振り返って改善できるようになればなお可でございます。

自己分析が進んだっぽい

今日の試合、80分ぐらいでコーナー付近でボールをキープするようになった。もっと得点シーンを見たいから積極的にいけや!とも思ったけど、今年のサンガの後半終了間際の失点癖を考えるとよく時間稼ぎの判断をしたなーと思った。前で時間を使う、自分たちの時間を増やすことで、ディフェンスラインの負担を最小限に抑えるようにした…自分たちの強み弱みを把握したからこそのプレーじゃないかと。

確かに今年のサンガはパワーサッカーで名古屋グランパスみたいな知性のサッカーって感じではないけど、このあたりは一巡目の課題に対して具体的なアプローチの1つなんだろうなと思った。

一方で気になることも

累積イエローリーチが増えてきた

今日もセル君がいい感じでイエロー貰ってたけど、これで今のところリーチが

高橋、とぅーさん、吉野、セル、びつ、染谷ん ※抜けあったらすいません。

と主にディフェンスラインを中心に実に6人。高橋と吉野とびつが同時にイエローもらうとか劣勢になったら十分ありえるしな…去年のアウェイ松本戦みたいな試合はもういらんで。マネジメントよろしくやで。

ツインタワー以外の引き出しはまだ見えない

今回の名古屋はとぅーさん×ケヴィンの圧力に耐えうる陣容ではなかったと思う。これがじゃあ対空中戦に強い選手がいたときにどう打開するのかは今回の試合じゃ自分は判断できひんかった。いや勝てたら全然ええねんけど、次の町田、たしか西京極でやったときに見事にツインタワー封じ込めてたからねー。ちょうど攻撃の部分では試される試合かも。

 

…で、ここから巻き返せるかは次節次第って次はやっと関東アウェイの町田やでー。先月の湘南ベルマーレ戦はホンマに帰り道辛かったからなー初の連勝、この目で見させて頂きたく!攻守・ゲームプランのベクトルの統一などなど、見所満載のところで参戦できるのはとても楽しみ。ゲーフラにアイロンでもあてるか…

これまでのガッカリ感を払拭するにはまだ勝ち点が足らん(vsザスパクサツ群馬)

勝った…何とか勝った。とにかく、とりあえず勝った…

そんな試合だけど、とりあえず勝ち点3ゲットー

最後10分はあわや盛田さんにヘッドを叩き込まれたかと思った。そこから菅さんの連続スーパーセーブはすごかった…正直サッカー自体は厳しい内容やけど

・高井との1vs1

・そのあとのヘッド

この2つのビッグセーブだけでも現地で見れた人は羨ましい。もちろん小屋松選手のゴールは言うまでもないけど。何気に西京極初ゴールやったんよね。おめでとう!

 

…で、すごい浮かれたいけど順位はまだまだ中の下。今日の勝ちは素直にうれしいとしても、これまでのがっかり負債を返済するにはまだまだ勝ってもらわないといけないわけで。そのために解決しないといけない課題は多い。

まず明らかな選手のコンディション不良。これはプレーの質からもわかる。最近後半のスタートから停滞するのはこれも原因の1つかと。

そしてサイドからの守備の仕方。てかなんであんなサイドスカスカなんや。あ、ボランチ回りもスカスカやったな今日は。コンディション戻ればどうにかなるんか?

さらにツインタワーの限界。これも2人のコンディション戻ればどうにかなるんか?てか布部氏の試合後コメントを見てたら攻撃も守備も選手コンディションさえ整えればどうにかなる口ぶりやな、おい。ほんまか?

 

www.sanga-fc.jp

でもこのコンディション問題、悔しいけど間違ってない部分もある。岩崎くん、小屋松くんあたりの若手は1年間プロリーグで戦うコンディション管理の成功体験が多くないわけで、じゃあその辺中堅以上がフォローしないとあかんのにほぼ全員そろってコンディション不良やもんな。ヨンジェと望月くんぐらいか、マシやったん。

継続して勝っていかないといけない状況なのは分かる。小屋松選手のインタビューからはその気持ちを感じられたし、ここから継続して勝ち点を稼いでいけば、まだプレーオフであれば目があると思う。ただ…どうやって達成するのかという具体的な方策は見えないが。。。。コンディション整えるぐらいしか…あれ?じゃあなんで天皇杯フルメンバーやったん…ふがふが。

ポジティブに考えればコンディション不良多発でも勝てた試合。ネガティブに考えればこれまでの課題が何も改善されたようには見えない試合。布部氏は最後にこう言っている。

これまでの反省点を踏まえて後半戦に挑みたい

と。

この言葉を信じるか信じないかは…あなた次第…笑

でも願わくばこの書き込みがフラグになりますよう…

相手監督から試合前にいけると思われてた(vsツエーゲン金沢)

いやーやられた。

金沢の15番旨かったなーレフティで攻撃的でサイドバックも出来るん?(チラチラ…)

それにしても京都サンガの選手たちのコンディションの悪さは本物だった。

立ち上がりすぐこそ、吉野さんのシュートでいけそうな感じになるが怒涛のパスミス連発であれよあれよと3失点。あんだけセンターサークル周りでパスミスしたらそりゃ失点する。このパスミス連発は何に起因しているのか?

疲れなのか?

メンタルなのか?

それとも他の別の要因なのか?

後半は多少持ち直すも、頼みのケヴィンはお疲れ模様。むしろセル先生以外は天皇杯出場組は軒並み辛そうで、特にケヴィンはプレーに如実に表れていた。これで確信。

メンバーのコンディション管理の失敗。

で、課題にしていた攻撃のバリエーションはセル先生が入ったことで前に進めるようにはなってるものの、セルのドリブル推進から次のプレーがゴールに繋がりにくい。セル、小屋松、岩崎の3人が有機的な動きが出来ると凄い強攻撃になると思うねんけど…

とにかく今のサンガはまず疲労回復。次に快勝した試合、良かったと思う試合を見返してポジティブなイメージを持つ。あーこのあたりの精神論を言い始めたら厳しいよなーでもきっと次の群馬戦も見るだろう。何かのきっかけで浮上する「選手たちのポテンシャル」は十分ある。でもそのポテンシャルを引き出すのは監督含めた管理者のタスクなんだ。相手の監督に試合前からやれそうだと思われるような状態に対して何ら有効な手立てを打たないでゲームに臨むのはもうやめましょうよ。

選手は恐れずにやろう。サポは選手を見捨てない。アウェイ中心やけど引き続き見に行きますぞ。